料理は畑から始まる。

福岡県西部に位置し福岡市の中心部から車でわずか30分という距離にある糸島半島。玄界灘に面した美しい海岸線と、背振山系の山々が連なった豊かな自然が多くの人々に愛されています。
そんな糸島の豊かな土壌で種や苗から育てるこだわりの野菜をお届けしたい。糸島半島の豊かな自然の中で、土に触れながら人も野菜も共に成長したい 。そんな想いを胸に「ホテル日航福岡糸島ファーム」が新たな一歩を踏み出しました。

糸島の大地で育つ少量多品目の野菜たち

地元の農家さんのご協力のもと、ホテル日航福岡の調理スタッフとレストランサービススタッフが中心となり、季節に合わせた露地野菜や柑橘類など約20~25品目を丹精込めて育てています。曲がったり小ぶりだったり個性豊かな野菜たちが、大地の恵みを存分に受けながらとても元気に育っています!

ホテルも畑も文化

安全で安心な野菜をお客様に届けること、さらにもう一つ私たちが畑をもつ理由があります。それは、畑を通して人も大きく成長できるという確かな想いです。例えば、ホテルマンとして農業体験が成長の糧になるよう社員研修の場として取り入れています。また、子供たちへの食育の場として楽しみながら参加してもらえるイベントも企画しています。“人は土に触れると自然と笑顔になれる”畑もホテルもたくさんの笑顔が生まれる場所として育て続けたい、それが私たちの想いです。

糸島ファームができるまで
History
  • 1989年

    開業当初

    地元の食材についてもっと知りたい、勉強したいとの思いを抱いていた総料理長 中橋は、ある生産者と出会う。農業に対する取り組み姿勢・情熱、そしてこれからの農業への考え方や人柄に感銘を受ける。当時は市場に無かったサラダ水菜、サラダ春菊、サラダ法蓮草など希望の野菜を開発してくれる熱意にほれ込み足かけ30年。

  • 2001年10月

    親子で楽しむ春・夏の農園

    豊かさと共に食の傾向が変化しはじめる。子供達とその親御さんに、農業体験を通じて食の大切さやみんなで食卓を囲む喜びなどを感じて頂きたいとの思いから、「親子で楽しむ春・秋の農園」をスタートさせる。

  • 2008年

    ホテル直営農園への想い

    これからの農業のことや食育のことを考え、ぜひホテル直営の農園を持ちたいとの思いを大きくする。その方法を模索し始める。

  • 2016年8月

    最良な場所との出会い

    ホテルの直営農園を運営するためのこだわりの条件に合う良い場所が見つかり、お世話になっている農家さんから土地の管理や運営方法などプロデュースいただきながら農園開始の準備に入る。

  • 2016年9月

    テストで種を蒔く

    本格運用の前に野菜の生育状況を試すため種を蒔くと、12月までにはたくさんの野菜を収穫。ここでちゃんと野菜が育つことを確認。

  • 2017年1月

    糸島ファームの運営開始

    様々な準備も整い、いよいよ正式にホテル日航福岡の自社農園「糸島ファーム」がスタートした。

育成状況
Condition

現在糸島ファームで栽培されている野菜の育成状況をお知らせします

  • 二十日大根
    ベビーリーフ
    聖護院大根
    ひかりかぶ
    小松菜
    ミニ青梗菜
    ほうれん草
    スティックブロッコリー
    牛蒡

  • ベビーリーフ
    サラダ春菊
    人参
    玉葱
    さつま芋
    落花生
    白葱
    自然薯

  • 甘長
    ピーマン
    パプリカ
    ミニパプリカ
    甘長唐美人

[調査日:2018.09.25]

糸島ファーム周辺MAP
Tourist spots

  • 櫻井神社

    「櫻井神社」は、福岡藩二代目藩主、黒田忠之公がご創建された「櫻井神社」と、伊勢神宮の内宮・外宮の両宮のご分霊を奉じさせ、ご鎮座頂いた「櫻井大神宮」からなります。 広大な境内には多くの摂社・末社があり、素朴でありながらも格式の高い造りで、150年近く経った現在も清らかな佇まいの中でひときわ凛とした空気を感じます。 糸島にある二宮神社・潤(うるう)神社と合せた三社は、近年「嵐の聖地」として人気です。

  • 桜井二見ヶ浦の夫婦岩

    櫻井二見ヶ浦の夫婦岩は、裏宮のご神体。 この夫婦岩のある桜井二見ヶ浦は、「日本の渚百選」「日本の夕陽百選」にも選ばれる名勝スポットで、夏至の頃の夫婦岩の間に沈む夕陽は絶景です。 4月下旬〜5月初旬の大潮の日には夫婦岩大注連縄掛祭(めおといわおおしめなわかけまつり)も奉納され、多くの見物客が集まります。

  • 志摩サンセットロード

    海岸線沿いの県道54号線は全長約33Kmのドライブコースで、デートや観光に大人気。 観光名所のほかお洒落なカフェや雑貨店も多く、 一日中どのエリアにいても糸島らしさを満喫することができます。 エメラルドグリーンの海や美しい夕日を見ながら走行することの出来る道路として日本の道路百選にも選定されています。


レストラン情報
Restaurant menu
  • セリーナモーニングクレープ

    ほんのり甘いクレープ生地で、さっぱりとした蒸し鶏と自社農園「糸島ファーム」の野菜を包んだ朝食メニュー。セリーナオリジナルケチャップでお召し上がり下さい。

      朝食
      モーニングブッフェ
      大人: 2,900円
    カフェレストラン「セリーナ」2F
    TEL 092-482-1161(直)
  • 九秋(KYUSHU)フェア

    2018/10/1(月)~11/30(金)

    九州各県の郷土料理を中心に松茸や戻りカツオ、キノコなど秋の味覚をブッフェスタイルでお楽しみください。

      ディナー
      ディナーブッフェ
      大人: 4,970円
    カフェレストラン「セリーナ」2F
    TEL 092-482-1161(直)

※天候や生育状況により糸島ファーム野菜をご提供できない場合もございます。

旬野菜レシピ
Recipe

トマトの黒酢炒め

夏野菜の代表格と言えばトマト!
糸島自社農園もトマトの収穫時期になりました。

今回は旬のトマトを使ったこの季節にピッタリの簡単レシピをご紹介いたします。 夏の暑さで不足しがちなビタミンを補い、さらに黒酢と一緒に調理することで疲労回復の効果も期待できます。

いつものトマトを中華スタイルで。 温製のトマト料理も絶品です!

【材料】(2人前)
◎トマト  300g(中2個程度)
◎大葉   2枚
A 黒酢   大さじ2
 酒    大さじ2
 しょう油 小さじ1/2
 はちみつ 小さじ1
◎胡麻油    大さじ1
◎水溶き片栗粉 少量

【作り方】

  1. トマトは湯むきし、種をとり除き、ひと口サイズにカットする。
  2. フライパンに胡麻油をひきトマトを軽く炒める。
  3. Aを加えて軽く炒めあわせたら、最後に水溶き片栗粉を加える。
  4. 仕上げに大葉のみじん切りをちらす。
 
― おすすめ「旬」レシピ ―
中国料理「鴻臚」 副料理長 川村 賢一

新ジャガのフリッコ

新じゃがが美味しい季節になり、糸島自社農園でも「きたあかり」という品種の新じゃがが収穫ができました!
そこで、今回はじゃがいもを使った簡単レシピをご紹介いたします。 ご紹介する「フリッコ」は、朝食やお子様のおやつなどに幅広く使えるレシピです。 お好みでアンチョビやスパイスなどを加えると、オシャレな大人のおつまみに大変身!
旬ものを気軽に愉しめる一品をぜひお試しください。

【材料】(4枚分|直径約8㎝)
◎新じゃがいも 200g(中2個程度)
◎パルメザン粉チーズ 50g
◎オリーブオイル   少々

【作り方】

  1. じゃがいもは皮をむき、千切りにして水にさらしてあくをぬく。
  2. 水にさらしたじゃがいもはキッチンペーパーで水気をとり、粉チーズをまぶす。
  3. フライパンにオリーブオイルをひく。薄く形成した「2」を中火で3分程度両面焦げ目がつくまで焼いたら出来上がり!

 
[おすすめ「旬」レシピ]
カフェレストランセリーナ
料理長 米倉 和成

糸島ファームに関する
お問い合わせ

TEL 092-482-1119

(月~金10:00~17:30/土日祝休み)