ベビーカーを利用しやすい環境づくりに向けて

ちょっと気づかう、そっと見守る

ホテル日航福岡では、国土交通省総合政策局安心生活政策課ならびに一般社団法人日本ホテル協会からの協力依頼に伴い、ベビーカー使用者のマナー向上と周囲の方への理解・協力を得るための取り組みに努めております。

ご存知ですか?このマーク

ベビーカーマークとベビーカー使用禁止マークは、「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会」において平成26年3月に決定された統一的なマークです。
*平成27年5月にJIS規格化

ベビーカーマーク

ベビーカー使用者が安心して利用できる場所や設備(エレベーター、鉄道やバスの車両スペース等)を表しています。

 

ベビーカー使用禁止マーク

ベビーカーの使用を禁止する場所や設備(エスカレーター等)を表しています。

 

ベビーカーは大切な命を乗せています

「子どもの安全」「子育てしやすい環境づくり」のため、使用者も周囲の方も優しいお心づかいをお願いします。

 ベビーカーご使用の方 

・周囲の方との接触や通行の妨げなど、ベビーカーの操作には気をつけましょう。
・困っているときは遠慮せず手助けをお願いしてみましょう。

 周囲の方 

・ベビーカー使用者には、温かい気持ちを持って接し、見守りましょう。
・エレベーターがない場所での上り下りなど、手助けを申し出てみましょう。

子ども用車いすのこと

「子ども用車いす」と呼ばれる小児用全介助型車いすを使用して外出をする子供たちがいます。

子ども用車いすは
・ベビーカーに似ていますが車椅子です
・折りたたみ式ではないため、畳むことはできません
・車いすから降りて歩くことが困難な方もいらっしゃいます

認知度の低さからベビーカーと認識され、障がい者用スペースの使用を断られたり、狭い場所で折りたたむよう指摘されるなどといった現状があります。病気や障がいがあってこの車いすでしか移動できない子供たちが、スムーズに各種施設・設備等を利用できるようご理解・ご協力をお願いします。

関連リンク

□子育てにやさしい移動に関するウェブサイト『こそだて モビ』